HOME  > お知らせ > 「重点調査圃場の玄米の分析」

お知らせ

« 「その一滴を、極める。」 #12 菊姫 | メイン | 【晩コレ】 ☆タラ鍋☆ »

2016年12月21日

「重点調査圃場の玄米の分析」

菊姫で使用している、山田錦の産地(村米:契約地)では、100人ほどの生産者の方が山田錦を作っています。
 
毎年、決まった圃場24箇所ほどで、圃場〜玄米までを一貫してみる「重点調査」を行っています。

 今年も、調査圃場の籾や栽培記録が、産地から届きました。
1.1DSC05129.jpg

 届いた籾は菊姫の方で、「籾摺り(モミすり)」、「調湿(分析前に同じ水分に整える)」などをしてから、様々な分析をしていきます。
1.3DSC05159.jpg
2.2DSC05204.jpg

 お酒造りの作業が優先ですから、少しづつ進めていきます。
 今は高級酒の仕込みの準備が行われています。
2.1DSC05789.jpg

今のところ、下準備であるモミすりや、調湿がようやく終わり、それぞれのお米の「粒厚分布」を調べるところまで進みました。
 3.3DSC07683.jpg

「粒厚分布」は直接の収量(=歩留まり)にも関わる重要な項目です。

 生産者はそれぞれが、お酒造りで言えば杜氏さん。

 いろいろ調べると、やはり同じ年度・産地でも違いが出ます。

 見知った方々ばかりのお米ですので、今から分析の結果がどうなるのか、楽しみです。
3.6DSC07714.jpg

 春までに、残りの分析項目を進めていきます。


-------------------------------------------------------------------------------------------


〜 Facebookページもよろしくお願いいたします 〜

投稿者 kikuhime : 2016年12月21日 09:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kikuhime.co.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/518