HOME  > お知らせ > 【晩コレ】☆氷見寒ブリの粕漬け☆

お知らせ

« 「吟醸の仕込みと吟醸の枯らし米」 | メイン | 「その一滴を、極める。」 #11 山田錦 »

2016年12月09日

【晩コレ】☆氷見寒ブリの粕漬け☆

菊姫では新酒第2弾の山廃純米無濾過生原酒、通称『山生』が発売されております。
 
 
まだ飲んだことないという方。 ぜひ飲んで見てください。そのインパクトの強さにびっくりされるかと思います。

飲んだことあるけど今年は、まだ・・・という方。 すぐ買いにいかないとお近くには無くなってしまうかもしれません。

もうすでに買って飲んでいる方。 この旨いお酒を誰かと分かち合ってみてはどうでしょうか?

そして皆さんに山生に合うつまみ・・・お伝えします!(^^)!


ということで今回のつまみは菊姫の大吟醸粕を使って一品作りました!!
s_山生 晩コレ 006.JPG

粕漬けは床を作ってしまえば、ひと手間で簡単に美味しい料理が次々とできるのでおススメです!!!


今回のつまみは『氷見寒ブリの粕漬け』
s_山生 晩コレ 013.JPG


◆材料◆

*菊姫大吟醸粕・・・・・・・・・・・・・・・・500g 
*みそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g
*みりん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
*ブリの切り身・・・・・・・・・・・・・・・・・数切れ


◆レシピ◆

’床造り
 酒粕と味噌を1対1みりん少々を混ぜ合わせる。(甘めが好きならみりん多めに)

粕床にブリの切り身を入れて1〜2晩寝かせる(キッチンペーパーなどにくるんで入れると後で楽)

寝かせた切り身をグリルで中火で10分ほど焼いたら完成!
 
 
 
トータルの時間は掛かるものの手間は全然掛かりません。

この簡単な作業だけで普通に焼いて食べるよりも何倍もおいしいので是非お試しを!!


山生との相性も抜群です。今までお伝えした中で一番の相性かもしれません(#^.^#)
 
 寒ブリ小.jpg

ブリ(鰤)と言えば、言わずと知れた出世魚ですね!

稚魚・幼魚から成魚になるまでの間に呼び名が変わっていきます。

北陸でも富山と金沢で若干呼び名が違ったりするのですが、北陸の水産物流通の中心地である金沢の呼び方で言いますと、


コゾクラ (30cm未満)

ハマチ (40cm未満)

フクラギ (60cm未満)

ガンド (70cm未満)

ブリ (80cm以上)
 
 
といった風に大きさによって呼び名が変わるわけです。(養殖ものをハマチと呼ぶ場合もありますが。。)

一般には縁起の良い魚とされていますので、北陸に限らずブリが水揚げされる地域では縁起物として祝い事の席で使われることも多いようです。


-------------------------------------------------------------------------------------------


〜 Facebookページもよろしくお願いいたします 〜
  https://www.facebook.com/kikuhime001

投稿者 kikuhime : 2016年12月09日 09:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kikuhime.co.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/513