HOME  > お知らせ > 「圃場調査part2」 〜穂肥え診断〜

お知らせ

« 【晩コレ】☆ドジョウの唐揚げ☆ | メイン | 【晩コレ】☆アスパラとコーンのかき揚げ☆ »

2016年08月01日

「圃場調査part2」 〜穂肥え診断〜

7月の最終週

山田錦の「穂肥え診断」の時期を迎え、2回目の圃場調査のため、産地兵庫県吉川町を訪れました。

DSC00128.jpg

最初はこの時期に出始める、「幼穂(ようすい)(稲の中の穂の赤ちゃん)の大きさを調べていきます。

DSC00253.jpg

次に株の栄養状態も調べていきます。

DSC00117.jpg

これらを調べることで、いつ頃穂がが出るのか予測することができるのです。
 
 
 
今年も例年通りの暑い日が続いています。

昼間の休憩は長めにして、少しでも涼しい早朝や夕方近くを中心に圃場調査に廻ります。
 
この時期に初めて参加のメンバーもいて、調査をしながら「穂肥え診断」の作業も訓練もしていきます。

DSC00055.jpg

最終日はこれらの調査を元に「穂肥え(ほごえ)診断」をしていきます。

DSC00339.jpg

この診断で いつ、どれだけの量の肥料が必要なのかを決めていきます。

この穂肥えの量とタイミングは、収穫の量と質に大きく影響するので、慎重に見極めていきます。
 
 
個々の圃場により少しずつ条件が違うので、生産者の方達が持ち寄る株の状態も違ってきます。

なので個々の圃場に合わせてそれぞれ別々の診断をしていきます。
 
DSC00331.jpg

 

今年は、出穂は平年より少し早い傾向がありますが、秋勝りに向け生育は順調です。

10月中旬 稲刈りまで、天候が良いことを願って、産地を後にしました。


-------------------------------------------------------------------------------------------


〜 Facebookページもよろしくお願いいたします 〜
  https://www.facebook.com/kikuhime001

投稿者 kikuhime : 2016年08月01日 08:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kikuhime.co.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/475