HOME  > お知らせ > 注連縄(しめなわ)作りの準備

お知らせ

« 「統一酒米分析」 | メイン | 注連縄(しめなわ)制作中 »

2015年12月01日

注連縄(しめなわ)作りの準備

最近の鶴来ではあられによってあたり一面が真っ白になるなど、冬の訪れを身に染みて感じております。


さて、菊姫では社内のあちこちに、注連縄を飾っていることをご存じでしょうか?

注連縄2.jpeg

実はこれ、すべて自社製なんです。


 材料であるワラは、産地吉川町で「山田錦 古式 田植え・稲刈り研修」を行っている田圃のものを、天日干しして使用しています。


 しかし、注連縄用に早刈りしたワラではありませんから、下葉が枯れていたりして、そのまま使うにはちょっと見栄えが良くありません。


 そこで、枯れたワラを取り除く 「ワラすき」 という作業をします。

 DSC02528.jpg

仕事の合間を縫い、今年も蔵人が主体となって、精米所でワラすきをしました。


 皆が、作業の隙間時間に合わせて行うので、少しづつ5日間にわたって行いました。

DSC02537.jpg


 これで、大小20本弱にもなる注連縄づくりの準備が整いました。


毎年、12月中旬〜下旬にかけて注連縄を作るため


「もうコレを作る時期かぁ」。と、少し早いですが、年の終わりが感じられました。

〜 Facebookページもよろしくお願いいたします 〜
  https://www.facebook.com/kikuhime001
  

投稿者 kikuhime : 2015年12月01日 15:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kikuhime.co.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/424