HOME  > お知らせ > 大吟醸粕の食べ方…

お知らせ

« 穂肥え診断期の圃場(ほじょう)調査 | メイン | "第23回姫と語る会"と"圃場調査" »

2015年09月02日

大吟醸粕の食べ方…

ようやく夜や早朝の気温が下がり、少しずつ秋が近づいてきました。
それでもまだまだ日中の気温が30℃を超える日が多く、夏バテしている人が多いのではないでしょうか。
そんな方にお勧めなのが酒粕です。
酒粕にはビタミンB群を始め、いろいろな有用成分が豊富に含まれています。
この酒粕を食せば夏バテの解消に効果てき面!!

菊姫の酒粕は、「大吟醸酒粕」「土用粕」「板粕(新粕)」の3種類あります。
この中でも一番のお奨めはこの時期に美味しくなる「大吟醸酒粕」です。

大吟醸粕.jpg

この綺麗なピンク色の「大吟醸酒粕」はそのまますくって食べても美味しいです。
が、それだけではなく、酒粕とご家庭の味噌と2:1で合わせたものに豚肉を一晩漬けると柔らかくなり、それを焼いて召し上がっても非常に美味です。

また、同じような比率で、堅豆腐を酒粕味噌漬けするとチーズのような風味豊かなおつまみへと変身します。

これらをつまみに冷えた菊姫をぐいっと...夏バテはすっかり吹き飛びます!
是非ともお試し下さい。


豆腐と吟醸粕.jpg

投稿者 kikuhime : 2015年09月02日 18:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kikuhime.co.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/419