HOME  > お知らせ > 2014年04月

お知らせ

« 2014年03月 | メイン | 2014年05月 »

2014年04月22日

第21回 白山菊酒審査会

先日、第21回白山菊酒審査会が行われました。
 
「白山菊酒」とは、白山市の5つの蔵元(金谷・小堀・車多・吉田・菊姫)
で構成する統一ブランドで、国が認める唯一の清酒の地域呼称です。
 
官能評価は、単によいか悪いかだけではなく、
「こく豊かで品格ある風味があり、各蔵元の個性が生きていること」
という白山菊酒の基準を満たしているか、という観点から評価します。
 
 DSC04008.jpg
 
評価は、「合格」か「不合格」のどちらかを選択する方法です。 
審査員の過半数が不合格とした出品酒は、不合格が確定します。
複数の審査員が不合格とした場合は、協議の上再審査を行ないます。
 
審査員は、国税局の鑑定官や県の酒類技術指導機関職員をはじめ、
各メーカーの酒造技術者や酒販関係者、大学教授等の有識者などで
構成されています。
 
今回は、全ての出品酒が合格となりました。
 
また今回より、毎回認証市販酒の品質検査を行うことになりました。
一度審査に合格したお酒でも、市販されている状態で問題が無いかを
厳しくチェックします。
 
 DSC03993.jpg
 
白山菊酒の品質が保障できるのは、こうした厳しい審査や
定期的な市販酒の品質確認があればこそです。
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
白山菊酒について
         hakusankikusake_1.8.jpg
 
白山菊酒として認証されるためには、以下の要件を満たす必要があります。
 
 1.こく豊かで品格ある風味があり、各蔵元の個性が生きていること
 2.白山市内で醸造し瓶詰めした清酒であること
 3.原料水は、白山・手取川水系の自家井戸から採取したものであること
 4.国産の格付け一等以上の酒造好適米のみを使用して製造すること
 5.麹歩合は20%以上であること
 6.酒母は「生もと」「山廃」または「速醸」であること
 7.精米歩合は70%以下であること
 8.「液化仕込み」による清酒でないこと
 9.醸造アルコール以外の副原料(糖類・酸類など)を使用していないこと
 
これらについて、官能審査及び書類審査が行なわれます。
要件を満たしていないと判断された場合は不合格となり、
白山菊酒の表示は出来ません。

 http://www.hakusan-kikusake.jp/j/index.html


〜 菊姫Facebookページもよろしくお願いいたします 〜
  https://www.facebook.com/kikuhime001
 

投稿者 kikuhime : 08:37 | トラックバック (0)