HOME  > お知らせ

お知らせ
08/03

「穂肥え診断時の吉川調査」


7月の終わり、山田錦の「穂肥え(ほごえ)診断」の時期を迎え、 2回目の圃場調査の...
続きを読む

7月の終わり、山田錦の「穂肥え(ほごえ)診断」の時期を迎え、

2回目の圃場調査のために特A山田錦産地の兵庫県吉川町を訪れました。

01DSC08841.jpg

今年は曇りの時が多かったですが、それでもとても暑いです。

例によって、昼間の休憩は長めにして、少しでも涼しい早朝や夕方近くを中心に圃場調査に廻ります。

途中で、スイカの差し入れを頂いたり、休憩に誘われたりと、生産者の方々にもいろいろお世話になりました。

02DSC08909.jpg

03DSC08894.jpg04DSC08897.jpg


今回の調査は、株の栄養状態と、幼穂(ようすい:穂の赤ちゃん)の大きさをみて

最後の施肥判断(穂肥え診断といいます)を行う重要な時期の調査です。

10DSC08881.jpg
11DSC09009.jpg

ヨウ素液を使って栄養状態を確認します。

12DSC08980.jpg

特に、幼穂は1.0舒焚爾任垢函0.1mm単位で判別しないと正確な判定ができません。なかなかコツのいる作業です。
20DSC08957.jpg22DSC08845.jpg
23DSC08870.jpg

最終日、3日目は、村米の方々を対象に、「姫と語る会 穂肥え診断会」を行いました。

メンバー全員が作業に携わるので、穂肥診断会の前には、幼穂の大きさの違う株を使って訓練です。

31DSC09112.jpg
32DSC09123.jpg

25DSC09056.jpg

穂肥診断会では、診断作業を待つ間、生産者の方がお互いの情報交換をしたりと賑やかです。

37DSC09155.jpg

今年の出穂は平年より少し早い傾向がありますが、秋勝りに向け生育は順調です。

10月中旬まで、天候が良いことを願って、産地を後にしました。

続きを読む "「穂肥え診断時の吉川調査」" »

投稿者 kikuhime : 09:03 | トラックバック (0)

07/28

「吉川の田圃でアイツが大発生」


【閲覧注意】記事の最後の方に人によっては気分を害する写真があります。 それでもい...
続きを読む

【閲覧注意】記事の最後の方に人によっては気分を害する写真があります。

それでもいいやという人のみご閲覧ください。
 
 
兵庫県三木市吉川町にて、山田錦の『古式 田植え・稲刈り 研修会』を行っています。

今年も※「中耕・除草」の作業を行うために、吉川を訪れました。

01DSC08378.jpg

この作業により、「軽く土を耕す事」と「小さな雑草の草取り」の2つの作業が行われます。

(※…【中耕(ちゅうこう)】発育の途中で表土を浅くたがやすこと。ふつう除草をかねるので中耕除草といいます。雑草を取るだけでなく,土を掘ることによって,むだな稲の根を切り,土の中に空気を入れてやることで,稲の発育をうながす効果もあります。)
 
 
例年、日差しの強烈な時期なので、早朝か夕方を中心に作業を行っています。

12DSC08631.jpg

今年は、夕方15:30〜18:30と翌朝5:30〜08:00にて作業しました。

初日、せっかく人数がいるので、上羅夫妻と菊姫社員の3人で、畔の草刈りをすることにしました。

02DSC08405.jpg03DSC08409.jpg

農作業は雑草との戦いです。真昼よりは日差しは少し弱まりましたが、すぐに汗だくになります。

04DSC08519.jpg

何とか暗くなる前に、田圃8枚の草刈りを終わらせることができました。

06DSC08500.jpg
 
 
翌日は、先ずは草取り作業です。初めての社員もいるので、昔ながらの手押し式の「田の草取り機」で体験作業します。
13DSC08648.jpg
16DSC08698.jpg

30分ほど体験してもらって、昔の人の苦労を味わってもらいました。(昔の人エライ)

その後、機械式の「田の草取り機」2台で、研修で使わせてもらっている手植え田の草取り作業をしました。
(文明の利器スゴイ)

17DSC08764.jpg

ところで、今年は上羅さんの圃場では、ザリガニが大発生!

21DSC08722.jpg

畔に穴をあけてしまう厄介者なので、草取り作業と合わせ、皆でザリガニ捕獲大作戦も行いました!

23DSC08726.jpg

いや、大漁すぎるでしょホント。。

25DSC08790.jpg


もう1週間すると、圃場調査-2や、姫と語る会穂肥診断会で吉川入りです。

続きを読む "「吉川の田圃でアイツが大発生」" »

投稿者 kikuhime : 07:56 | トラックバック (0)

07/24

「菊理媛」奉納登山


毎年7月18日は「白山奥宮大祭」が執り行われており それに合わせ菊姫では毎年白山...
続きを読む

毎年7月18日は「白山奥宮大祭」が執り行われており

それに合わせ菊姫では毎年白山登山を行っております。
白山登山.jpg

白山登山2.jpg

例年と異なるのは、今年は白山開山1300年の大きな節目の年だということです。
s_写真_2017-07-18_8_44_13.jpg

そういった節目の年であるためか、今年は登山者が多いように感じます。
  
 
なぜ、毎年白山に登っているかというと

鶴来酒は連綿一千有余年にわたる伝統を誇り

奈良朝以来白山の神酒として醸造されてきた歴史があります。
 
 
そういった背景から、菊姫では毎年白山に登り、菊姫の最高級品である「菊理媛」を奉献して
商売繁盛を祈願する行事を続けているのです。

s_写真_2017-07-18_8_40_11.jpg


ちなみに「菊理媛」は、白山信仰の総本山である
白山比廖覆劼瓠某声の御祭神である「菊理媛尊」が名前の由来となっています。
白山.jpg
 

天候も良く、関係者の皆様も楽しく無事に下山することができました。
s_写真_2017-07-17_16_57_12.jpg

続きを読む "「菊理媛」奉納登山" »

投稿者 kikuhime : 08:12 | トラックバック (0)

06/27

「呑み切りきき酒」


6月、蔵では「呑み切り」という作業が行われました。 これは、タンクなどに貯蔵して...
続きを読む

6月、蔵では「呑み切り」という作業が行われました。

02DSC07388.jpg

これは、タンクなどに貯蔵してあるお酒を、一部抜き取る作業です。

01DSC07350.jpg

タンクのお酒の出入り口を「呑み口」と言うので、その作業名となっています。
タンクの中のお酒は低温加熱殺菌してありますから、呑み切りの作業は、用具を常に洗浄殺菌しながら行う、気を使う作業です。

03DSC07294.jpg

呑み切りしたお酒は、様々な検査をしますが、今回は官能検査です。
菊姫では、寝かせて旨みをのせた商品が多いので、貯蔵酒も多いです。

04DSC07341.jpg

ずらっと並べてきき酒しますが、楽しくもありますが、なかなかつらい作業でもあります・・・。
同時に現在出荷の商品もきき酒し、貯酒の評価、来年の造りに向けた検討などを行っていきます。

続きを読む "「呑み切りきき酒」" »

投稿者 kikuhime : 10:05 | トラックバック (0)

06/23

「古式 山田錦 田植え研修会」


6月も下旬。山田錦の産地兵庫県吉川町では、田植えシーズンが終わりを迎えます。 村...
続きを読む

6月も下旬。山田錦の産地兵庫県吉川町では、田植えシーズンが終わりを迎えます。

村米産地を訪れ、「圃場調査」や毎年恒例のお客様を招いての「古式 山田錦 田植え研修会」を行いました。
 
 
 圃場調査は、今年は24ヵ所の圃場を廻ります。今回は移植条件の調査です。

土日の田植えイベントの前に、先発隊の製造部社員3人で金曜日から行いました。

 6月は既に暑いです。日中をできるだけ避けたいので、調査2日目は朝5時前に、明るくなったらすぐに廻りはじめました。
02DSC06473.jpg

田圃には、いろいろな生き物がいて楽しいですが、なかなかうまく写真に撮れません。
今回は、ややピンボケ気味の生きた化石!「カブトエビ」だけ紹介します。 

05DSC06636.jpg

分類学的にはミジンコに近いらしいですが雑草などを食べてくれるいい子なのです。

最近、みなさんは生き物に触れる機会ありましたか?


順調に調査も終わり、お昼前に「古式 山田錦 田植え研修会」の下準備。
12DSC06704.jpg

初日の作業である「苗引き」の準備をし、昼食を頂きながら皆の到着を待ちます。
(#^.^#)<カレーんまぁ〜い

13DSC06728.jpg

お昼過ぎ、参加者が集まり、先ずはお世話になる上羅堯己さんに挨拶です。

14DSC06743.jpg

その後、翌日田植えをする苗の準備をします。
苗は苗代(なわしろ:田圃内に作った苗床)に植えてあります。

16DSC06753.jpg

皆で苗を引いて、捌いていきます。
初めての参加者が多く、時間が少しかかりましたが、明日の田植えの準備は万全です。
 
 
 
夜は懇親会ですが、今年はその前に一部の方々で、菊姫の試飲勉強会をしました。

22DSC06769.jpg

飲食店の方々対象に、様々な商品を試飲しながら、菊姫の特徴全般の説明や、お酒の製造条件による違いを説明しました。初の試みでしたが、好評でした。
 
 
懇親会は、生産者、農協、蔵元、酒販店、飲食店の方々、消費者と、お酒にかかわるすべての人が集まっての楽しい懇親会でした!
25DSC06804.jpg

途中、きれいな夕焼けをはさみ、夜遅くまで宴は続きました。
24DSC06787.jpg

翌日の田植え、朝、芸人のシャンプーハットのてつじさんも、行きつけの酒販店さんと急遽参戦。
31DSC06816★.jpg

今回は、初めての方が約半数だったのですが、ベテランと初めての方とペアになって頂き作業をしました。
32DSC06859.jpg

ベテラン勢が作業を引っ張りながら、みんなで楽しく田植えをします。

後半の方では、初めての方に2回目の作業を行って頂き、その間ベテラン勢は上羅堯己さんの他の田圃の差し苗をしました。
36DSC07014.jpg

2日間、中腰の作業が多く、にきている人もいましたが、最後はみんな笑顔で田植えを終えました。

37DSC07054★.jpg


また、秋の稲刈りでの再会を楽しみに、今年の「古式 山田錦 田植え研修会」が終了しました。

続きを読む "「古式 山田錦 田植え研修会」" »

投稿者 kikuhime : 08:28 | トラックバック (0)

06/13

「八幡工場にて、豆まきとシソの草ひき」


 5月下旬に植えた稲も、少し大きくなってきました。 今日は、田圃の畔(あぜ)に「...
続きを読む

 5月下旬に植えた稲も、少し大きくなってきました。
1DSC06333.jpg

今日は、田圃の畔(あぜ)に「丹波黒豆」を播きます。

田圃の畔は豆がうまく育つので、秋に美味しい枝豆がとれます。

種まきの前に畔の草刈(3回目)、畔のバーナー焼き(2回目)を行いました。

春も過ぎるとほんとに雑草との戦いです。
 
 
豆は、鳥害を避けるために薬でコーティングして播きます。

3DSC06051.jpg

畔にせっせと穴をあけては、豆をまいて肥料をやっていきます。

5DSC06066.jpg 6DSC06073.jpg

二つの田圃の畔にぐるりと豆を播いて、今年も秋に美味しい枝豆が食べられること間違いなしです。

22DSC06309.jpg 21DSC06362.jpg

田圃には様々な生き物が増え始めています。

今、一番多いのはオタマジャクシ。

9DSC06315.jpg

カエルの夫婦が卵を産み付け、それがどんどん孵っています。

7DSC06200.jpg

また敷地内に池もあるのですが、イモリがいっぱい住んでいます。そこから移住してきたのか、田圃の中にイモリも見かけられます。

10DSC06156.jpg

併せてシソ畑の手入れもしました。

つい半月前ほどに草引きをしたのに、もう雑草でいっぱいになっていました。

23DSC06372.jpg 24DSC06381.jpg


梅の実もかなり大きくなってきて、もう半月程で梅の収穫となります。

27DSC06385.jpg

食べられるものだけ早く大きくなればいいのに。

続きを読む "「八幡工場にて、豆まきとシソの草ひき」" »

投稿者 kikuhime : 14:39 | トラックバック (0)

06/05

「官能評価トレーニング」


日本酒の利き酒をしたことがある人は多いかと思います。 例えば、同じ山廃純米のお酒...
続きを読む

日本酒の利き酒をしたことがある人は多いかと思います。

例えば、同じ山廃純米のお酒を数社分集めて飲み比べとかをやってみると、蔵元での味の違いが良くわかって面白いものです。


しかし、同じ利き酒でも行う人の立場によってそのお酒に対する捉え方は違ってくるでしょう。

◆製造の現場では、お酒にオフフレーバーが出ていないか、といった品質管理のため。

◆開発の現場では、製品の特長をデザインする、酒質設計のため。

◆販売・サービスの現場では、お酒の特徴を、お客様にわかりやすくお伝えするため。
あるいは商品の買い付けのため。

◆一般のお客様にとっては、購入して楽しむため。


 先日、入社2年目の若手社員の「官能評価トレーニング」を行いました。
表紙.jpg

*官能評価とは人間の感覚(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)を用い、一定の手法に基づいて対象物の特性を評価・測定する行為のことをいいます。


清酒官能評価 目的.jpg

官能評価 課題.jpg


【課題 
官能評価 口に含む量.jpg

測り機.jpg水のみ.jpg

泉宗.jpg
「いや〜、思ったより全然多く口に含んじゃいますね。絶対1ml〜2mlじゃないとだめなんですか?」

永井.jpg
「あくまで目安であって個人の裁量で決めていいよ。でも口に含む量は常に一定にすることを忘れずに!」

【課題◆
清酒官能評価 香味強度 順位づけ.jpg
清酒官能評価 香味強度 フレーバーについて.jpg
香味強度シート.jpg

甘味.jpg

泉宗.jpg
「どれも順番道理に並べるのは難しいですね。この中で難しい香味はどれなんですか?」

永井.jpg
「甘味は難しい方。逆に酸味やアルコールは刺激を感じやすいから違いが分かりやすい。」

【課題】
香記述.jpg
香記述2.jpg

香 成分1.jpg2香 成分.jpg
3香 成分.jpg香 成分4.jpg


泉宗.jpg
「13種類中10種類は判別できましたよ! でも脂肪酸(カプロン酸)とカプロン酸エチルの違いを見極めるのはなかなか難しいですね。」

永井.jpg
「脂肪酸はカプロン酸エチルの前駆物質だからね。カプロン酸エチルは鑑評会用酒や市販酒でも多く使われている香味成分で、特徴は果実臭が強いことだよ!」

【課題ぁ
記述試験1.jpg
2記述試験.jpg

◆お酒は 吟醸酒、純米酒ともに菊姫商品3種類+他社商品1つの計8つ

実践.jpg


記述.jpg


s_IMG_3754.JPG

泉宗.jpg
「舌で感じた味を言葉で正確に表現するって意外と難しいですね。 それに商品のマッチングはなかなか当てはまらなくて利き酒って難しいです。利き酒上達のコツってなんですか?」

永井.jpg
「味の表現は練習すれば上手くなる。商品マッチングはピタリと言い当てるのは本当に難しいけど。これを上達させるには日々の食事やお酒を飲む機会に自分の感想をしっかり持って地道に取り組むことが一番大切だよ。」

おわりに.jpg


若手社員君は何度も口にしては首をひねりながら回答を書いていました。

お酒の表現の仕方って本当に難しいんです。

今回は若手社員が対象でしたが、社内では年に1〜2回程度このような官能トレーニングを実施して社員の技術向上に繋げています。


皆さんも日々のお酒を意識して飲んだら味わい方が変わってくるかもしれませんよ!

続きを読む "「官能評価トレーニング」" »

投稿者 kikuhime : 07:52 | トラックバック (0)

05/25

「八幡工場の田植え、シソの草ひき」


5月下旬、八幡工場では恒例の田植えを行いました。 いつも製造部のみんなで行ってい...
続きを読む

5月下旬、八幡工場では恒例の田植えを行いました。

いつも製造部のみんなで行っています。

敷地内には小さな田圃が二つあり、別々のものを植えています。

一つは年末の餅つきに使う「シワモチ」です。

昔の品種で山田錦より背の高い稲となります。こちらは大勢で植えていきます。

05DSC05864.jpg

カエルやアメンボも一緒です!(^^)!

02DSC05885.jpgs_八幡 田植 029.JPG

もう一つは、山田錦も含め試験のために比較栽培している圃場で、こちらの方は担当者が一人で植えていきます。

01DSC05861.jpg

03DSC05870.jpg
 
シワモチの田植えは人数が多いので、早目に終わります。

s_八幡 田植 037.JPGs_八幡 田植 079.JPG
 
しかしやることはたくさんあります! 引き続きシソ畑の草ひきです。

07DSC05897.jpg

社内には梅の木が20本以上あり、また梅干し用のシソも社内の敷地で育てています。

06DSC05900.jpg
 
今はまだ小さいですが、梅干しの土用干しが終わるころには、シソも大きくなります。

雑草の草ひきを終えたら、肥料などして、大きく育つのを願ってたっぷり水をやりました!
 
10DSC06002.jpg11DSC06007.jpg

12DSC06039.jpg

苗を育てていた用具も片づけ終わり、今年の田植えも慣れたメンバーぞろいで順調に終わりました。

13DSC05952.jpg

早く大きくな〜れ!

続きを読む "「八幡工場の田植え、シソの草ひき」" »

投稿者 kikuhime : 09:15 | トラックバック (0)

05/17

「八幡工場の田圃、代かきも終わり・・・」


5月下旬の田植えに向け、八幡工場では田圃の代かきまで終わりました。 代かきとは田...
続きを読む

5月下旬の田植えに向け、八幡工場では田圃の代かきまで終わりました。

1DSC05773.jpg

代かきとは田に水を入れ、土の塊を細かく砕くいて土を柔らかくすること。そして、凸凹を無くして平らにするのが主な目的です。

2DSC05770.jpg

凸凹無くして土を柔らかくすることで苗は植えやすくなりますし、土の粒子を細かくすれば漏水を防ぎ、水持ちが良くなります。

八幡の主.jpg

敷地内の主も「田植えの準備、出来てきてるのぅ・・」と、見守ってくれています。

来週、田植えの予定です。

続きを読む "「八幡工場の田圃、代かきも終わり・・・」" »

投稿者 kikuhime : 08:06 | トラックバック (0)

05/16

「ワカコ酒season3」出演のお知らせ


先日撮影がありました「ワカコ酒season3」出演のお知らせです。 第7夜「金沢...
続きを読む

先日撮影がありました「ワカコ酒season3」出演のお知らせです。

第7夜「金沢で日本酒三昧」

BSジャパン 5月19日(金) 夜11時30分からの予定です。

村崎ワカコ26才。酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに、今宵も居場所を求めてさすらう、女ひとり酒。

ワカコは北陸新幹線開業から気になっていた金沢へ一人旅。

近江町市場では生ウニや初めて聞くガスエビを立ち食い。

日本酒が飲みたくなったワカコは、石川県の銘酒をそろえて試飲もできるという店に。

気に入った銘柄のお酒の話を聞いていると、蔵元を見学できると言われ、蔵元を訪ねてみることに。

再び金澤の街に戻ったワカコは、名物のおでん、治部煮、のどくろの塩焼き、そして日本酒を堪能。

おいしくてちょっと贅沢な金沢の旅。


菊姫のお酒が紹介されております。 ぜひチェックしてみてください!♪(^3^)ぷしゅー♪

続きを読む "「ワカコ酒season3」出演のお知らせ" »

投稿者 kikuhime : 08:09 | トラックバック (0)