HOME  > お知らせ

お知らせ
03/26

「精米場の掃除、終了しました!」


精米終了から、1か月半ほどたちます。 少しづつ進めてきた精米ラインの清掃が、よう...
続きを読む

精米終了から、1か月半ほどたちます。


少しづつ進めてきた精米ラインの清掃が、ようやく終わりを迎えます。

一足先に、精米室はワックスがけまでしてピカピカに。

01DSC08743.jpg
02DSC08725.jpg

残ったのはバックフィルターのろ布清掃と、糠室の掃除です。

11DSC08747.jpg
12DSC08759.jpg
13DSC08763.jpg

最後は、再び大勢での作業となります。

14DSC08802.jpg
15DSC08777.jpg

バックフィルターのろ布清掃が終了次第、速やかに糠室の清掃に移ります。

21DSC08837.jpg

あれだけ真っ白だった糠室もピカピカになり

「ようやく今期の精米作業が終了した!」という気持ちになりました。

22DSC08839.jpg


続きを読む " 「精米場の掃除、終了しました!」" »

投稿者 kikuhime : 08:27 | トラックバック (0)

03/14

「焼酎の仕込みも始まりました!」


2月の後半から、少しずつ焼酎の仕込準備を始めていました。  焼酎の仕込み期間は短...
続きを読む

2月の後半から、少しずつ焼酎の仕込準備を始めていました。


 焼酎の仕込み期間は短いので、仕込前には年に一度の大掃除です。

02DSC08387.jpg

 そして、いよいよ3月に入り焼酎の仕込の開始です。

05DSC08662.jpg

 この時期、精米場の掃除と焼酎の仕込と両方あるので、蔵から八幡工場に人員を増やして作業を進めていきます。

06DSC08667.jpg
07DSC08673.jpg

これらが「加賀の露」や「加州劒」となっていきます。

続きを読む "「焼酎の仕込みも始まりました!」" »

投稿者 kikuhime : 07:58 | トラックバック (0)

03/13

「精米場のきれいにしました」


精米は2月上旬に終わりましたが、その後1か月半ほどの期間で、精米関係の片付け、掃...
続きを読む

精米は2月上旬に終わりましたが、その後1か月半ほどの期間で、精米関係の片付け、掃除をしていっています。

01DSC08546.jpg


 精米に関するラインは機械も多く、また場所も広いので、長期間で、特には他部署の応援もいただきながら進めています。

02DSC08558.jpg
03DSC08578.jpg

作業は安全第一。時間はかかりますが、お米の流れに沿って順を追って、じっくりと進めていきます。

05DSC08570.jpg
07DSC08553.jpg
08DSC08564.jpg
09DSC08597.jpg

また、精米場内にあるものは、すぐに粉で汚れていってしまうので、隣の部屋に片づけていきます。

10DSC08629.jpg

ようやく終わりが見えてきたかな、といった感じです。

最後の仕上げは、場内の床にワックスを塗り直し、ピカピカになれば終了です。

続きを読む "「精米場のきれいにしました」" »

投稿者 kikuhime : 08:13 | トラックバック (0)

03/05

「菊姫 利き酒会 開催」


出会いと別れが多いこの季節 新しいお酒との出会いを探してみませんか?? 菊姫のお...
続きを読む

出会いと別れが多いこの季節

新しいお酒との出会いを探してみませんか??

菊姫のお酒がほぼ全部味わえる!

北陸菊姫会主催の利き酒会!

s_20180301090238_00001.jpg

チケット購入、お問い合わせは以下酒販店および菊姫までご連絡ください!

s_20180302092540_00001.jpg

続きを読む "「菊姫 利き酒会 開催」" »

投稿者 kikuhime : 08:19 | トラックバック (0)

02/28

「山田錦祭り今年も開催!」


毎年恒例の「山田錦祭り」もちろん今年も開催されます!! 色んなお酒を嗜める楽しい...
続きを読む

毎年恒例の「山田錦祭り」もちろん今年も開催されます!!

色んなお酒を嗜める楽しいお祭りです!

皆さん是非お立ち寄りください!

「日にち」    3月10日(土)・11日(日)
「場所」      兵庫県三木市吉川町吉安222   山田錦の館・よかたん周辺
「主催」      山田錦まつり実行委員会(吉川町山田錦村米部会)
「問い合わせ」   三木市農業振興課-------------0794-82-2000
           三木市吉川支所地域振興課-----0794-72-0180
           JAみのり吉川営農経済センター--0794-72-0280
           山田錦の館-------------------0794-76-2401

s_20180228082819_00001.jpg

s_20180228082848_00001.jpg

続きを読む "「山田錦祭り今年も開催!」" »

投稿者 kikuhime : 08:25 | トラックバック (0)

02/13

「大雪の影響について」


先週の北陸は大寒波による大雪がありました。 皆様はお怪我はございませんでしたか?...
続きを読む

先週の北陸は大寒波による大雪がありました。

皆様はお怪我はございませんでしたか?
 

週明けになりましたが

まだ大雪の影響による商品が発送できない事態が発生しております。

皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

誠に申し訳ありません。
 
 
 
週末は天気が少し回復し、除雪もだいぶ進んだようですが

本日も深々と雪が降っております。

s_特吟ラベルと雪 018.JPG
 
 
先週の状況も少しお伝えします。

03DSC08271.jpg

菊姫の除雪隊もフル稼働でした。

八幡工場も車が入れないくらい積もりに積もっていました。

05DSC08289.jpg

金沢市内では雪を捨てるところを探すのも一苦労な状態。

道路脇は高く雪がつみあがっていました。

22DSC08381.jpg

重機が入れないところは手作業で除雪

30KIMG1662.jpg

屋根雪も丁寧に除雪です。

s_IMG_0403.JPG

これ以上降るのは本当に勘弁してください!といった声がどこからともなく聞こえてくるような一週間でした。


また、皆様から多くのご心配の声もいただきました!

この場を借りてお礼申し上げます。

続きを読む "「大雪の影響について」" »

投稿者 kikuhime : 09:46 | トラックバック (0)

02/05

「山生 最終出荷!」


本日から今期分の最終出荷になります 「山廃純米無濾過生原酒」 もう飲んだという方...
続きを読む

本日から今期分の最終出荷になります

「山廃純米無濾過生原酒」

もう飲んだという方もまだ飲んでいないという方もこれを逃すと来年の冬まではもう飲めないかもしれません。

無題.jpg

骨太で飲み応えのあるこのお酒。

新発売された「鶴乃里生原酒」と飲み比べてみてもいいかも知れませんね。

同じ山廃純米でも全然異なった印象が受けられること間違いありません!!!

続きを読む "「山生 最終出荷!」" »

投稿者 kikuhime : 09:46 | トラックバック (0)

02/01

「新発売!鶴乃里生原酒」


「鶴乃里」が初めて製造されたのが平成15年 ラベルは今とは違って干支ラベルでした...
続きを読む

「鶴乃里」が初めて製造されたのが平成15年

ラベルは今とは違って干支ラベルでした。 

発売時は申年だったので猿の絵が描かれていました。

干支ラベルは最初で最後の幻のラベルです。


月日は約15年経ち

通常なら10月に発売される菊姫会専売酒「鶴乃里」

皆様のしぼりたても飲んでみたい!という強いご要望を受け、本数は多くないのですが

生原酒を発売させていただくこととなりました!
 
蔵出は本日2月1日からになります。

s_鶴生2018 新発売.JPG
 
※数量限定のため品切れにはご注意ください。
  
 
 
◎【鶴乃里生原酒 味わいコメント】

 色調には透明感があり、明るく、淡いイエロー。

香りはバナナ様の落ち着いた果実香の他、(ローストしたものではない、生の)アーモンド様の甘やかな香り(杏仁豆腐のような香り)や稲わらを思わせる香ばしさがほのかに感じられます。

口に含むと上品な甘味と旨味が広がり、鮮烈な酸味とアルコールのボリューム感を伴って、骨格のあるしっかりとした味わいに仕上がっています。

また、この酸味とアルコールが、波がサッと引くような後口のキレにも繋がっています。


「兵庫県三木市吉川町産山田錦」という良質米由来の旨味・エキス分が素直に表現されていて

当社の『山廃純米無濾過生原酒』と飲み比べてみても面白い。

『山生』と『鶴生』、共に力強い味わいだが力強さの質が異なります。

『山生』はマッチョでパワフル、『鶴生』はより筋肉質で引き締まった印象。造りの違いが良く表れていると思います。
 
 
(好みもありますが)飲み頃温度は10℃以下がオススメ!

生酒としての香味特長を最も好ましく感じられます。

続きを読む "「新発売!鶴乃里生原酒」" »

投稿者 kikuhime : 08:00 | トラックバック (0)

01/22

「〜原料米分析〜粗タンパク」


精米も終わりが近づいてきました。 年も明け、作業が落ち着いてきたところで、今期の...
続きを読む

精米も終わりが近づいてきました。

年も明け、作業が落ち着いてきたところで、今期の入荷玄米や精米した白米の粗タンパクを集中的に調べる事にしました。

 先ずは、下準備です。

01DSC06421.jpg

 お米はサンプリングが難しいです。大きなロットの中のほんの一部だけ取っては、なかなか「真の値」が読み取れません。
 
 
 例えば、特定の白米ロットの場合、白米水分の推移チェックなどで、定期的に何回かサンプリングしているので、それらの残りをすべてよく混ぜ合わせて、平均的なサンプルを作成します。

03DSC06446.jpg04DSC06462.jpg

 玄米ロットでは、入荷の際に平均的なサンプルを作る作業をしています。
 
 
 玄米、白米あわせて350点ほどのサンプルを測りますが、特に正確に測りたい70点に関しては、事前に、荒粉砕、ミキサーによる粉砕と、2段階での試料粉砕までして下準備の完了です。

11KIMG1415.jpg13KIMG1409.jpg

21DSC06793.jpg

 粗タンパクの分析には、様々な機械が必要なので、石川県農林総合研究センターに行ってきました。

 毎年、おじゃまさせて頂き、粗タンパクを測る機械を使わせて頂いています。

 粗タンパクを測る機械は2種類あります。
 
 
 一つは、ケルダール法という分析を行う機械で、正確な分析ができますが、とても時間がかかります。

23DSC06803.jpg24DSC06904.jpg

ケルダール法は、前日の前処理、1晩置いてからの加熱分解、といった分解作業を経てようやく分析装置での分析ができます。

25DSC06919.jpg26DSC06960.jpg
 
 
 もう一つは、近赤外法という分析を行う機械で、少し精度は落ちますが、とても迅速な分析ができます。

31-1516325944778.jpg

 近赤外法は、お米を非破壊で専用のセルに入れた状態で、分析装置での分析ができます。

33-1516325979914.jpg

 二人で2カ所に分かれ、各々のサンプルを3日間かけて分析しました。

 これらの結果をもとに、次年度に向けた考察を行います。

続きを読む "「〜原料米分析〜粗タンパク」" »

投稿者 kikuhime : 08:47 | トラックバック (0)

01/16

「大吟醸の搾りが始まりました」 


いよいよ大吟醸の搾りの時期となりました。   精米歩合が50%以下の白米の搾りで...
続きを読む

いよいよ大吟醸の搾りの時期となりました。

 
02DSC06735.jpg

精米歩合が50%以下の白米の搾りでは、「槽(ふね)」と呼ばれる搾りのための道具を変えて作業します。


※絞り×→搾り◎

 槽場が醪の仕込場と離れているので、いったん上槽前の醪をすべて移してから作業します。

 醪を酒袋に入れ、時間をかけて搾っていきます。

 上槽作業を始めてしばらくすると、荒走りと呼ばれる初めの部分が垂れ壺に流れてきます。

21DSC06771.jpg

 「つらい仕事だなぁ」と笑顔でセリフを言いながら、皆でさっそく味を観ます。

 柑橘系の果汁を連想させる、久しぶりの搾りたての大吟醸の味。

s_大吟醸 たれ口 004.JPG

今シーズンもいい味に仕上がっています。

続きを読む "「大吟醸の搾りが始まりました」 " »

投稿者 kikuhime : 13:29 | トラックバック (0)